あなたの腹痛、大丈夫?ただの腹痛じゃない「IBS」

現代人はストレスの中に生きていると言っても過言ではありません。
社会の中で生きること、すなわちストレスの中で生きている、とも言えるような環境です。
そんな中、最近ある腹痛が注目を集めています。
あなたは突然腹痛に襲われた!という経験はありませんか?
その腹痛、もしかしたら単なる腹痛ではないかもしれませんよ?

■便秘しやすい?下痢しやすい?それって本当に体質ですか?

「私って便秘しやすいんだ~」なんて言う女性がいたりもしますが、
それって本当に体質なんでしょうか?

実は、体質ではなくそれって病気である可能性もあるのです。
その病気というのがIBSと呼ばれるもの。

これは「過敏性腸症候群」と呼ばれるもので、
下痢や便秘といった便通の異常をともなう腹痛、腹部の不快感が繰り返させる慢性疾患なのです。
ストレスの中に生きる現代人に急増している病気のひとつとなっていて、
問題にもなっているのです。

■なぜIBSが起こるのか

そもそもなぜIBSって起こるのでしょう?
そのメカニズムは脳と腸の関係にあります。

実は腸というのは「第二の脳」とも呼ばれている器官です。
腸と脳の間には非常に密接な関係があるとされており、
脳が大きな不安感やストレスなどを感じるとその信号は腸に伝わり、
腸の動きに悪影響を与えてしまうともいわれているのです。

あなたは普段の生活の中で大きなストレスや不安を感じる場面が多くありませんか?
そしてその不安やストレスに見舞われたとき、腹痛や腹部の不快感が起きてはいませんか?
その不調はもしかしたらIBSなのかもしれません。

「体質なんだ」と割り切らず、IBSの可能性を考えて、
IBSについての知識を深めてみませんか?