ストレスに生きる人こそ知っておきたいIBSの特徴

現代人というのは多かれ少なかれストレスと共に生きています。
どんなに満足のいく生活を送っている人でも確実に、
どこかしらでストレスを感じているものです。

そんなストレスに生きる人たちが抱えやすい病気がIBS。
ストレスに生きる人こそ知って欲しい病気なのです。

■IBSの原因はストレス

IBSはストレスに起因して起こります。
下痢や便秘を慢性的に繰り返したり、またはこの2つを交互に繰り返したりします。

下痢や便秘の主な原因としては大腸がんや潰瘍などがありますが、
IBSの場合原因がストレスですから、視覚的な原因を見ることができません。
そのため、医師も診断が難しいのですね。

また単純な下痢や便秘と違い、腹部症状(腹部の張り、
なんとなく気持ち悪い、ゴロゴロとおなかが鳴るなど)を伴うというのも特徴ですね。

さらにIBSは放置してしまうと精神的な症状(不眠や抑うつ)や消化器系の症状、
全身症状なども伴うことがありますからより注意が必要です。

※腸だけではなく、肝臓も心配という方へおすすめ
・肝機能を改善するために!⇒http://www.albeet.biz/

■ときには生活の質が低下することも…?

実は日本人の10人に1人はIBSだと言われているほどだということは知っていますか?
もしもなってしまった場合、症状が軽ければまだいいのですが、
症状がひどくなってしまうと仕事に行く途中や学校に行く途中、
ちょっとしたストレスや緊張の中に身体を置いただけで、
腹痛が起こるようになって外出を控えるようになったり、
趣味ができなくなってしまうなどの生活の質の低下を呼んでしまうことがあります。

これが問題となっており、IBSである可能性がある人は
早期に治療を開始することが勧められています。

症状こそそこまで重篤なものではないのかもしれません。
でもタイミングなどによっては人生を左右してしまう可能性だってあるのです。
軽視しないで「もしかして?」と思ったら早めに医療機関にかかりましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です